Tag Archive: 在庫管理

< 1 min read

46%の小企業は在庫を追跡していないか、手動で管理しています。したがって、成長中の小企業である場合、まだ在庫管理戦略を正式に策定していないかもしれません。在庫管理戦略とプロセスの欠如が引き起こす問題は何でしょうか?   CBInsightsによる101人のスタートアップオーナーを対象とした最近の調査によると、29%のオーナーが、現金不足が小企業の失敗を引き起こす最大の問題の一つであると考えています。米国小企業庁によると、小企業のうち44%しか4年以上存続しないとされています。創業および運営する際に、固定費、在庫およびストックのために必要な現金を考えると、これは驚くべきことではありません。   ここで小企業の在庫管理の重要性が出てきます。必要な異なる製品の数量を正確に把握しないと、在庫が不足したり過剰になったりする可能性があります。また、しっかりとした在庫管理計画がなければ、小企業は大口注文に対応できず、サプライヤーからの大幅な節約を受けることができないかもしれません。ビジネスの成長を維持することが、より困難になる可能性があります。   小企業が利益性、キャッシュフローおよび在庫管理のトップを維持するために、避けるべき一般的な小企業の在庫管理ミスのリストを作成しました。   手動在庫管理   中小企業では、直感や簡単なカウントに頼って在庫を確認することがよくあります。これは便利ですが、人為的なミスの可能性が高まります。2017年の全国小売業セキュリティ調査によると、行政および文書エラーが小企業の在庫損失の21.3%を占めています。検証ステップなしで完了すると、人為的なデータ入力のエラー率は最大4%に達します。手動の在庫管理プロセスに過度に依存すると、多くのエラーが発生することを覚悟しなければなりません。   スタッフがミスを犯すと、簡単に計算ミスが発生し、誤った種類の在庫を注文することでお金を無駄にする可能性があります。小企業は、成長曲線を維持するために、より大規模で複雑な在庫注文を効率的かつ正確に処理する準備ができている必要があります。しかし、これは通常、在庫を記録するために使用されるスプレッドシートの継続的な更新を必要とする手動のアプローチでは達成が困難です。このことを考慮すると、在庫管理プロセスが手動であればあるほど、人為的なエラーの影響を受けやすくなるため、可能な限り手動作業を減らし、人為的なエラーの影響を受けにくいプロセスにすることが重要です。   新しい在庫注文の不正確さ   新しい在庫や商品を注文する際には、どの在庫がどれだけ必要で、いつ必要かについて情報に基づいた決定を行うことが重要です。分析を行わないと、在庫が過剰または不足し、販売機会を逃したり、余分な在庫を保管するためのコストが増加したりする可能性があります。   新製品の注文は、年間注文量の半分未満を占めることがありますが、限定版製品の場合、最初の注文が年間注文量の80-100%に相当することもあります。したがって、この注文を正確に行うためには、以下の点を考慮する必要があります: 類似製品/モデルの販売履歴:販売量や販売にかかった時間を含む。この情報を使用して、過去の履歴と在庫量に基づいて、どれくらいの期間商品を販売し続けることができるかの見積もりを計算します。…